SANYO HOUSING NAGOYA RECRUIT SITE

ENTRY

社員インタビュー INTERVIEW

好きなことに集中できる、
好きなことだから頑張れる。

コーディネーター 2017年入社

私じゃないと伝えられない
商品の良さがある

会社について

  • はじめて会社を知ったきっかけを教えてください。

    私は建物の内装に関わる仕事がしたかったため、就活生向けの求人サイトでインテリアコーディネーターに絞って就職先を探していました。そのときに目に止まったのが当社でした。

  • はじめて知った時、どのような印象を持ちましたか?

    インテリアコーディネーターを新卒で募集している会社自体珍しく、その中でも当社は「他の会社とは少し違うな」という印象を受けました。

    多くの会社のインテリアコーディネーターは営業職も兼ねているのですが、当社の場合は各パートごとに仕事がはっきり分かれていました。

  • どんな所に惹かれて入社(エントリー)を決めましたか?

    インテリアコーディネーターの仕事に集中できる環境に魅力を感じてエントリーを決めました。小さな工務店だと設計からインテリアコーディネーター、営業まですべて一人で行うことが多く、内装以外のこともたくさん覚える必要がありますが、当社であればインテリアについて深く学ぶことができると考えました。

  • 入社前の不安はありましたか?
    その不安は入社して解消しましたか?

    社会人になることに対する不安は少なからずありました。私の大学から当社に入社した先輩の中に、年の近い人はいなかったので、詳しく話を聞くこともできませんでした。

    しかし会社説明会で、実際に働いてる社員の方から業務内容や、どのような人が向いているかなどの具体的な話を聞いているうちに不安は取り除かれていきましたし、入社して一年ほど経ち、自分の担当を任される頃には社会人としての自覚も芽生えていました。

  • 逆に入社前にワクワクしていたことは何ですか?
    そのワクワクは実現していますか?

    私はプライベートでも雑貨屋をよく巡るくらいインテリアが好きなので、いろいろなインテリアをたくさん見られることに胸踊らせていました。

    実際に入社してからも思っていた通りで、メーカーから新作の案内をもらったり、流行のインテリアについて教えてもらうことができます。いち早く最新の情報を得ることができるのでとても面白いです。

    入社して数年経った今でも、新しいインテリアを見られることにワクワクしながら仕事に取り組めています。

  • 入社後に一番苦労したことは何ですか?
    どうやってその苦労を乗り越えましたか?

    膨大な商品量の知識を身につけるのはとても苦労しました。インテリアコーディネーターはお客様から「こんな商品が欲しい」というご要望をいただくこともあれば、好みを聞き出してこちらから提案することもあります。

    あらかじめ最適な商品を提案できるだけの知識をつけておく必要があるのですが、言われたことだけをやっていても商品の知識はなかなかつきません。自発的にカタログを見て勉強したり、先輩にどのような商品を提案しているのか聞くことで知識を身につけました。インテリアは商品数が常に増え続けているので、知識を身につけるための努力は現在も続けています。

  • 会社のいい所、改善した方がいい所を教えてください。

    当社のインテリアコーディネーターは若い人が多いので、年齢が近くてコミュニケーションが取りやすいのは良い点だと思います。お互いに「どのような仕事をしているのか」、「どのような商品がお客様に喜ばれるのか」などの情報共有も頻繁にできる風通しの良い職場環境です。

    ただ、色々な会社でインテリアコーディネーターを経験してきた人が入社してくれたら「もっと提案の幅が広がるのかな」とも思います。

仕事について

  • 現在の仕事内容を教えてください。

    主な仕事はお客様への内装の提案です。すでに間取りが決まった状態の建物の床、扉、壁紙の色やデザインだけでなく、照明器具や設備関係もお客様と一緒に決めていきます。

    当社の場合、標準仕様でいくつものメーカーから商品をお選びいただけるので、お客様の生活に合わせて、メーカー選びからお手伝いしてします。提案は基本的に土曜日か日曜日ですので、平日は提案のために見積もりをとったり資料を作成しています。

  • なぜこの仕事を選びましたか?

    大学時代に建築関係の学部で学んでいるうちに、自分は建物の構造よりも内装に興味があるのだと気づいたのがきっかけです。大学には私のように内装が好きな人が多かったのですが、中には設計事務所や住宅に関係ない会社に就職した人もいました。
    それでも私は好きなことを仕事にしたいと考えて、内装に関わる仕事で就職先を探しました。そして最初に「これだ!」と思ったのが当社のインテリアコーディネーターだったんです。

    また、私は内装だけでなく人と接することも好きで、学生時代は接客業でアルバイトをしていました。事前にお客様と接することが多い仕事だと聞いていたので、入社前からとても楽しみにしていました。

  • 仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

    当社のインテリアコーディネーターの場合、内装に関わる仕事に集中して取り組むことができます。勉強するのも大好きな内装のことなので、日々楽しく学ぶことができています。インテリアのことを考えている時間が多い分、詳しく学ぶことができますし、それがお客様の笑顔にも繋がるのはとても面白いと思います。

    また、プライベートでもさまざまな発見があり、雑貨屋へ行ったときなどは、流行りの色などに気を配って見ています。趣味が仕事にも活かされるのも良い点だと思います。

    難しい部分は制限がある中で、魅力的な提案内容を考えなければいけないということです。インテリアコーディネーターの場合は、お客様に提案する時点ですでに家の間取りは決まっているので、間取りにあわせた提案が求められます。当社では担当した設計士や営業の方と密にコミュニケーションを取ることで、お客様の暮らしに沿った本当に良い提案を、一緒になって考えています。

  • 今までの仕事で一番嬉しかったエピソードを教えてください。

    基本的に標準の仕様は決まっているので、プラスアルファでご要望をくださるお客様への提案は、特に印象に残りますし、やりがいにも感じます。
    中でも印象に残っているのは、担当を持ってから数組目で、こだわりの強いお客様を担当したときのことです。
    担当を持ち始めたばかりの頃は、オプションのご要望が少ないお客様への提案が多かったので、この時は「本当にこの色で良いのかな?」など不安でいっぱいでした。それでも先輩にも助けてもらいながら、なんとかお客様に満足いただく提案をすることができました。施工が完了したときにお客様から「あなたが担当でよかった」とお声がけをいただいたときは、「初めて一人前のインテリアコーディネーターとして見てもらえた」と思い、とても嬉しかったです。

  • これまでで一番難しかった仕事(プロジェクト)は何ですか?
    どうやってそれを乗り越えましたか?

    どれか一つに絞るのは難しいですけど、接客面で難しいと思うことが多いです。特にお客様から「こういう商品はありますか?」と聞かれたときに、すぐにその場でお答えするのはとても難しいと感じています。常日頃から流行や人気商品についての知識はつけているのですが、それでもすべてのご質問にお答えするのは大変です。わからないことや疑問に思ったことは、その都度、先輩に相談して解決しています。

  • 今、どんな事に気をつけて仕事をしていますか?
    その経緯も合わせて教えてください。

    家は一生に一度と言われるくらい大きな買い物ですから、ミスが無いように気をつけています。インテリアを注文するときは、品番を取り扱う機会が多いのですが、アルファベットが一つ異なるだけで色などが違う商品が届いてしまいます。
    過去に現場の方が私のミスに気付いてくれて、事なきを得たことがありました。それ以降は特に意識して品番を確認するようになりました。

    まずはその商品が本当に取り付けられるかどうかを調べます。自分の目でカタログの寸法をよく確認して、設計士の方や詳しい先輩に聞いたり、ときにはメーカーに問い合わせするなどして細心の注意を払うことで、ミスが発生しないように努めています。

  • 今後のビジョンを教えてください。

    先輩として内装の知識だけでなく、楽しさも後輩に教えられるような人物になっていきたいです。私がお世話になった先輩はミスが少ない上に、お客様のどんなご要望に対しても、答えることができるくらい知識も豊富でした。
    今後入社してくる後輩に対して、自分が先輩から教えてもらったことを伝えられるように、まずはミスを無くして、お客様に喜んでもらえる接客を心がけたいです。

プライベートについて

  • プライベートで大切にしていることは何ですか?

    オンとオフの切り替えはするようにしています。私は旅行が好きなので、休みの日は少し遠くへ行って羽を伸ばして気分転換をしています。仕事をしっかりやっていれば有給を使うこともできますし、休みの日に電話がかかってくることも無いので、休みの日はリラックスして過ごすことができています。

  • そのために仕事(会社)で大切にしていることはありますか?

    こだわりの強いお客様への提案が控えていると、多くの商品の見積もりを取る必要がありますが、
    それでもできるだけ残業はしないで仕事を終わらせるようにしています。

    私の場合、休みの日に仕事のことを考えて、気が休まらないということはあまりないのですが、それは普段から仕事を次の日に持ち越さないようにしているからかもしれません。

  • 未来の後輩に一言ください!

    専門的な職種なので最初からすべての商品の知識を揃えるのは不可能に近いですので、あまり商品のことを知らないからといって不安に思わないでください。

    商品を覚えるのは確かに大変ですが、好きという気持ちがあれば乗り越えられると思います。
    インテリアコーディネーターは内装が好きな人は本当に向いている職種だと思います。
    大切なのは好きという気持ちです。「接客が好き」「インテリアが好き」という方はぜひ一緒に働きましょう。

ONE DAY
社員の一日
9:00出社 支店内の掃除から1日がスタート。
9:30朝礼 メーカーからの見積りを確認します。
12:00昼休み お弁当を持参しお昼を楽しみます。
13:00資料作成 土日には1日に約3件の打ち合わせをします。そのための資料をつくります。
16:00工程会議 ご契約からお引渡しまでをリレー方式で進めるため、お客様の情報を共有します。
18:30退社